O2Oアプリ iBeacon対応アプリ
iBeacon対応とは?低消費電力の近距離無線技術であるBlutooh Low Energyを活用して iOSデバイスの位置情報を把握し、プッシュ型情報提供サービスなどを行えます。
iBeaconはiPhone iOS7に標準搭載されたことで、 今注目を集めているBluetooth 4.0 LowEnergy(BLE)を使った新技術のことです。  従来オンラインの告知から実際に店舗に誘導するO2O施策を行う場合には NFCやFeliCa、QRコードが使われることが多くありました。 ただし、NFCはiPhoneが対応していないこともあり O2O全体が伸び悩んでいる状況となっています。  しかし、iBeaconはiPhoneが標準対応しBLEいと言う汎用技術を使っています。 さらにiBeaconはApple社の商標ですがAndroid端末に対しても同様の技術を適用することが可能であり、 スマートフォン全体で使うことができると期待されています。 このような経緯からiBeaconは、O2Oの切り札として注目を集めてい
iBeaconでは、iBeacon端末(ビーコン端末)を店舗などに設置することで、 スマートフォンと通信して様々なマーケティングの活用が可能になります。  例えば店舗などに置かれたビーコン端末は、アプリの入っているスマートフォンと通信をします。 そしてスマートフォンはサーバーまで情報を取りに行きます。 ピーコンごとに割り当てられたIDを発信できるので、ビーコンごとにアプリ側の制御ができます。
用途1 食品スーパーの 店内Beaconと連動クーポンや特売の案内 来店くじなどを スマホに表示させることが可能。
来店ポイントを付与させたり、 イベント時にイベント詳細を表示させたり、 クーポンや特売の案内 館内マップを表示させることも可能。
用途3 地域イベントの Beaconと連動スタンプラリーのスタンプを押したり、 巡回ルートやGPSナビゲーションを 表示させることも可能。
用途4 駅ごとの Beaconと連動駅周辺の飲食店のクーポンを配信したり 周辺情報やのGPSナビゲーションを 表示させることも可能。
用途5 飲食店舗の Beaconと連動飲食店の近くを通るだけでプッシュ通知で クーポンを受信したりオーダーシステムと 連動させることも可能。
用途6 観地域光情報の Beaconと連動現在地の周辺の観光情報を画面に表示 したり、目的地までGPSナビゲーション することも可能。
用途7 美術館や博物館の Beaconと連動美術館、博物館で展示物に近づくと 説明画面が表示されたり スピーカーからアナウンスを流したりする ことも可能。
iBeacon_9P.png

ストアー公開済みのiBeacon対応アプリ

icon512.png

見せるクーポン iPhone&iPad用アプリ

見せるクーポンアプリです。
クーポン対応のお店のレジにてクーポン画面を提示するだけでご利用頂けます。
店舗に設置のビーコン端末に反応しプッシュ通知でクーポン情報を配信致します。
Download_on_the_App_Store_Badge_US-UK_135x40.png